綿半スーパーセンターでお得に買い物をするコツ!支払いはブルーカードとの併用がおすすめ◎

綿半 外観

こんにちは!柚木ゆうら(@yzk0829)です。

地域によって、スーパーにも特色がありますよね。

長野のご当地スーパーのひとつに、「綿半スーパーセンター」があります。

「綿半」の愛称で地元民に親しまれているスーパーですが、実際にどんなお店なのか気になりませんか?

今回は、綿半スーパーセンターの特徴やお得に買い物をするコツについて紹介していきますね。

スポンサーリンク

綿半スーパーセンターについて

綿半スーパーセンターは、長野県でよく見かけるスーパーのひとつ。

ちなみに、綿半ホームエイドはホームセンター、綿半スーパーセンターはスーパーとホームセンターが合体しています。

主に、以下のようなものを取り扱っていますよ。

  • 生鮮食品
  • 惣菜
  • 日用雑貨
  • ペット用品
  • 園芸用品
  • インテリア
  • 家電
  • カー用品

地元民からすると、「綿半に行けば大体のものがそろう」といった認識ですね。

規模も大きい店舗が多く、商品も比較的安めなのが特徴的です。

綿半スーパーセンターで使える支払い方法

綿半スーパーセンターについてわかったところで、どんな支払い方法があるのか気になりますよね。

主に、以下の支払い方法に対応しています。

  • 現金
  • クレジットカード

カード払い分のポイントが貯まる、クレジットカードでの支払いがおすすめですね。

ただし、クレジットカードとブルーカードの併用はできません。

ブルーカードは現金との併用のみ可能です。

ブルカポイントを貯めたい場合は、現金で支払うようにしましょう。

ブルーカードでポイントを貯めよう!

ブルーカード

綿半では、ブルーカードが使えます。

ブルーカードは加盟店で使うとポイントが貯まるカードのこと。

年会費は無料ですが、初回のみカード発行料として300円がかかります。

年齢制限はないので、未成年でも持てるカードですよ。

ブルーカードでポイントを貯めると、500ポイントごとに500円割引券(ブルカ券)がもらえます。

綿半のほか、平安堂などでも使えるので作っておくと便利ですね。

カード自体に有効期限はありませんが、ポイントの有効期限は最終利用日より2年間です。

期限切れのポイントは失効されてしまうので注意しましょう。

リサイクルステーションの利用でポイントが貯まる

綿半 リサイクルステーション

綿半スーパーセンター・綿半ホームエイドでは、お店の外にリサイクルステーションがある店舗もあります。

リサイクルステーションで回収できるものは以下の通り。

  • 古紙(新聞紙・チラシ・ダンボールなど)
  • ペットボトル
  • 空き缶(アルミ・スチール)

リサイクルステーションを利用することで、ブルーカードのポイントが貯まりますよ。

もらえるポイントの目安は以下の通り。

古紙1Kg→1ポイント
ペットボトル1本→0.2ポイント
空き缶1本→0.2ポイント

リサイクルステーションを利用する場合は、まとめて出すのがおすすめですね。

エコもできる上、ポイントもつくのでお得です。

ただ、ブルーカードにバーコードがついていないとリサイクルステーションは利用できません。

バーコードはすぐに発行してもらえるので、もしついていない場合はサービスカウンターで発行してもらいましょう。

綿半はオンラインショップもあるので便利!

綿半は、オンラインショップもあります。

近くに店舗がない場合でも、オンラインショップで綿半の商品が購入できますよ。

以下のオンラインショップで購入できます。

ただ、生鮮食品は買えないので注意しましょう。

まとめ

綿半スーパーセンターで買い物するときのコツについてまとめてみました。

  • 現金で支払うならブルーカードと併用する
  • リサイクルステーションの利用でもブルカポイントが貯まる
  • ブルカポイントは500ポイント=500円割引券になる
  • クレジットカードとブルーカードは併用できない
  • まとめ買いしたいときはオンラインショップを利用しても◎

綿半スーパーセンターや綿半ホームエイドでお得に買い物をしたいなら、ブルーカードを作っておくと便利ですよ。

買い物だけでなく、リサイクルステーションの利用でもポイントが貯まります。

貯めたポイントは割引券になるので、ポイントを貯めておくと支払いの負担も楽になりますね。

ブルーカードをうまく活用して、綿半で買い物を楽しんでみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です