yura note

信州ワンデーパスの購入方法・料金・フリーエリアの範囲を紹介

time 2024/07/05

信州ワンデーパスの購入方法・料金・フリーエリアの範囲を紹介

信州ワンデーパス」は、フリーエリアの普通列車の自由席が1日乗り放題になるパスです。

そんな信州ワンデーパスを使ってみようかなと思ったとき、どうやって購入すればいいのか気になるのではないでしょうか。

このページでは、信州ワンデーパスの買い方や料金についてまとめてみました。

信州ワンデーパスについて

信州ワンデーパス

信州ワンデーパスは、信州エリアのJR線としなの鉄道線(長野〜豊野間)を含むフリーエリア内の普通列車の自由席が乗り降り自由になるパスです。快速列車も対象になっています。

通年販売されていて有効期限は1日ですよ。

北陸新幹線や特急列車に乗る場合は、別途特急券などが必要になります。

長野近郊でJR線を乗り継いで移動したいときにぴったりのパスです。

信州ワンデーパスのフリーエリアについて

信州ワンデーパスのフリーエリアをまとめてみました。

  • 北陸新幹線:軽井沢〜飯山
  • しなの鉄道北しなの線:長野〜豊野
  • 信越本線:長野~篠ノ井
  • 篠ノ井線:篠ノ井~塩尻
  • 大糸線:松本~南小谷
  • 飯山線:豊野~越後川口
  • 小海線:小諸~小渕沢
  • 中央東線:塩尻~小渕沢

長野県内だけでなく、新潟県や山梨県の駅も範囲に含まれています。

信州ワンデーパスの料金

信州ワンデーパスの値段は以下の通り。

  • 大人:2,680円
  • 小児:1,050円

電車を乗り継ぐときや長距離移動するときに使うとお得ですね。

信州ワンデーパスの購入方法

信州ワンデーパスは、以下のようなところで買えます。

  • フリーエリア内の主要駅の指定席券売機
  • みどりの窓口
  • びゅうプラザ
  • 旅行会社

みどりの窓口は混んでいることが多いので、券売機で買うのがおすすめです。

券売機での買い方

信州ワンデーパスを駅の券売機で買う場合は、以下のような手順で購入する流れになります。

  1. 券売機で「おトクなきっぷ」を選ぶ
  2. 「フリーパスタイプ」を押す
  3. 「信州ワンデーパス」を選ぶ
  4. 利用日や人数を選択する
  5. 支払い方法を選ぶ
  6. 購入完了

クレジットカードでも支払えるので便利です。

スポンサーリンク

プロフィール

柚木ゆうら

柚木ゆうら

フリーライターの柚木ゆうらです。書いたり写真を撮ったりしながら、Webでお仕事しています。長野在住、3児の母。仕事のご相談などは、お問い合わせから気軽にどうぞ!